T5Jazz Records: 2019

2019年5月22日水曜日

鈴木央紹ニュー・アルバム「Favourites」本日発売!

いよいよ本日発売となりました、サックス奏者・鈴木央紹「Favourites」。


音楽の楽しみ方が多様化された昨今、本作品も多様なフォーマットがありますので、こちらにまとめてご紹介しておきます。

まずはCD、これは日本全国CDのCDショップで取り扱いございます(在庫がなければ取り寄せ可能)が、タワーレコードオンラインにて鈴木央紹「Favourites」を購入すると、先着でアルバム本編未収録曲<Nice Work If You Can Get It>が収録された特典CDがもらえます!あくまで先着なので無くなり次第終了となります。ご了承ください。
↓↓↓
タワーレコードオンライン 鈴木央紹/Favourites


そしてハイレゾ、e-onkyo musicさんでは特集ページを組んで展開してくれています!レコーディング風景も含むビデオ・コメントは必見ですよ!バンドの仲の良さが伝わるいい感じのコメントとなっています。

e-onkyo 鈴木央紹「Favourites」特集ページ(ビデオ・コメント付き)


CDでもUHQCDと言う高音質CDなので、十分いい音でお楽しみいただけますが、より高音質を求めるオーディオ・ファイルの皆さま向けには、見逃せないハイレゾ特典があります。今回ハイレゾ作品については、タワーレコードオンラインの特典CDに収録されている<Nice Work If You Can Get It>のハイレゾも収録しています。更にe-onkyo musicのみ限定で、デジタル・ブックレットが特典で付いてきます。

e-onkyo music 鈴木央紹/Favourites (96/24 FLAC または DSD)


そして、更に更に、ハイレゾでも最高音質とされるDSDを求める皆さま向けに、鈴木央紹の前作「Standards++」のDSD版を本日より販売開始しました!どこまでも伸びやかな音、サックスやピアノ、ベースの倍音成分の響き、まるで自分が録音スタジオにいるかのような空気感など、DSDならではの音を楽しめるサウンドに仕上がっています。コチラも是非お楽しみください。

e-onkyo music 鈴木央紹/Standards++ (96/24 FLAC または DSD)


そして今回は、デジタル販売も同時スタート!Apple MusicやAmazon Musicなど主要なサービスを網羅していますので、ご愛用のサービスで是非お楽しみください。






是非、多くの人たちに楽しんでいただけますよう。。。。

2019年5月21日火曜日

鈴木央紹「Favourites」いよいよ明日発売!

いよいよ発売日を明日に迎え、本日は鈴木央紹「Favourites」店着日!フラゲしたい方はお店にGO!!

今回、タワーレコードオンラインで購入すると先着で本編未収録トラック<Nice Work If You Can Get It>収録CDが特典で付いてきます!!セブン-イレブン受け取りにすれば1枚でも送料無料、これは便利ですね。

また、Amazon.co.jpのT5Jazz Shopでも販売開始されました〜!!

いつも使い慣れたCDショップで、近くにCDショップがない方はネット経由で、是非ゲットしてお聴きくださ〜い!




 

2019年5月14日火曜日

ジャズライフに鈴木央紹インタビュー記事掲載!

本日5月14日発売、音楽専門誌「jazzLife (ジャズライフ)」2019年6月号に鈴木央紹のインタビュー記事が掲載されています。



取材は過去何度かインタビューを担当してくれている菅野聖さん。楽曲、メンバー、録音、様々な角度からこのアルバムについて鈴木央紹が語り、とてもよくまとめられた記事になっていますので、是非お手にとってご覧ください!

2019年5月6日月曜日

鈴木央紹「Favourites」フライヤーが完成!

鈴木央紹ニュー・アルバム「Favourites」のフライヤーが完成しました!
春のジャズ・キャンペーンで本作をピックアップしていただいているタワーレコードさん及び各ライヴ・ハウスなどに設置予定。5月14日から始まる【Favourites Release Live】の情報も掲載してありますよ〜!!

Hisatsugu Suzuki Trio Flyer with album release tour info

鈴木央紹 Favourites Tour Information:

5月14日 南青山『Body&Soul』問)03-5466-3348
6月13日  六本木『Alfie』問)03-3479-2037
7月6-7日 札幌市北24条『Lazy Bird』問)011-707-7388
7月8日 旭川『Bulerias』問)0166-25-8226
7月21日 銀座『季立』問)03-3575-0315
8月4日 本厚木『Cabin』問)046-221-0785
8月21日 名古屋『Star Eyes』問)052-763-2636
8月22日 大阪梅田『Mr. Kelly’s』問)06-6342-5821
9月18日 岡山『SOHO』問)086-368-8455
9月19日 博多『New Combo』問)092-712-7809
9月20日 熊本『おくら』問)096-325-9209

2019年4月18日木曜日

鈴木央紹 / Favourites 特別予約販売受付開始

サックスプレイヤー鈴木央紹が放つ3rdアルバム「Favourites」の特別予約販売を開始しました。

レコーディング時にカメラマンがスタジオで撮影した3人のサイン入りチェキ付き!先着限定20枚限定です(通常CDのご予約も受け付けております)。

ご予約はT5Jazz Records Shopページからどうぞ!締切は2019年5月15日(水)。チェキ付きは20枚に達した時点で予約終了となります。お早めにお申し込みください!

2019年3月31日日曜日

鈴木央紹ニュー・アルバム『Favourites』リリースのお知らせ

T5Jazz Records第15弾作品リリースのお知らせです。

サックス奏者・鈴木央紹ニュー・アルバム「Favourites」を5月22日にリリースします。

日本を代表するサックス奏者として不動のTopポジションを築きつつある鈴木央紹が放つ5年ぶりのニューアルバム「Favourites」が登場。前作「Standards++」と同様、珠玉のスタンダード集という楽曲の方向性ながら、前作のオーソドックスなピアノ、ベース、ドラムによるカルテット編成から大きくスタイルを変え、オルガン、ドラムとのトリオ編成による、これまでありそうで無かったアグレッシヴなサウンドによるジャズ・スタンダード・アルバムに仕上がっています。

サイドマンには同じT5Jazz Recordsからアルバム「The Way」をリリースし、共に大野雄二&ルパンティック・シックスでも活躍中、今をときめく若手マルチキーボード奏者・宮川純をオルガンとして、ドラムには前作同様、盟友・原大力を迎え、気心知れたメンバーでスリリングかつ熟成された芳醇なサウンドを紡ぎ出しています。

時代を超えて生き続ける名曲たちに新たな息吹を吹き込む、今という時代を生きるミュージシャンだからこそ生み出すことの出来るサウンドがここにあります。全世代のジャズ・ファンに贈る、エヴァーグリーンなスタンダード・アルバムがここに誕生しました。

タイトル:Favourites
品  番:T5J-1015
価  格:2,600円+税
発売日:2019年5月22日

収録曲:
1. Where or When (from "Babes in Arms")
2. Witchcraft
3. Never Let Me Go
4. I Should Care
5. Boplicity
6. The Favourite
7. Come Sunday
8. Solar
9. Moon and Sand
Encore Track:
10. Moon River

【メンバー】
鈴木 央紹 - tenor & soprano saxophone
宮川 純 - hammond b-3 organ
原 大力 - drums (omit #9 & #10)

Hisatsugu Suzuki Trio

まだまだジャケット等は制作中ですが、試聴など含めてこちらで徐々に情報を公開していきます。是非、時々チェックしてみてくださいね!

T5Jazz Recordsの各種SNSアカウント、FacebookTwitterInstagramなどフォロー&チェックお願いいたします!



そして!未だ鈴木央紹の前作アルバム「Standards++」をお聴きになっていない方へ、是非ニュー・アルバム・リリース前の予習に(笑)チェックしてみてくださいね!いまを生きるミュージシャンだからこそ生み出すことのできるジャズ。珠玉のスタンダード・ジャズは永遠に不滅です。


2019年2月4日月曜日

T5Jazz Records 6周年

2月1日はT5Jazz Records 6周年でした!

2013年2月1日に会社を登記、これまで14枚の作品をリリースすることが出来ました。これまでT5Jazz Recordsの作品をCDやデジタルで聴いてくださったお客さま、そして一緒に作品をつくり、リリースしてくれたアーティストの皆さま、スタッフやメディアの皆さま、すべての皆さまに感謝、ありがとうございます。

レコ協(一般社団法人 日本レコード協会)の数字を見る限り、音楽業界を取り巻く状況は変わらず悪化の一途、ピーク時の1998年に6,000億を超える音楽ソフトの売上げは最悪だった2017年から少し戻して2018年は約2,400億円。とはいえ、その大半を占めるCDに関して言えば右肩下がりは止まらず1,500億円を切りそうな感じです。一方でデジタルの売上げは着うた全盛だった2008-9年の900億円をピークに2013年には半減、その後サブスクリプションのお陰で戻ってきていますが、2018年の数字は未だ出ていないものの恐らく640億円程度でしょう。フィジカルとデジタルの売上げを全て合わせても音楽ソフト全体で約3,000億円。2019年も厳しいことには変わらないと予想されます。

しかしながら、前に進まないことには道は開けない事は間違いありません。2019年は力強く進んでいきたいと思います。間もなく、新作リリースのご案内が出来るかと思います。

2019年もT5Jazz Recordsを宜しくお願いいたします。