T5Jazz Records: 9月 2014

2014年9月30日火曜日

空の上で「LANDMARK BLUE 〜ぼくたちのララバイ〜」聴いてみませんか?

10月のANA機内エンターテイメントは9月に引き続き、菅野浩「LANDMARK BLUE 〜ぼくたちのララバイ〜」が登場します!

10月に全日空を使ってご旅行、出張などされる方、是非チェックしてみてくださいね〜!

http://www.anaspamphlet.jp/skychannel/oct14/movies.html






2014年9月29日月曜日

小沼ようすけ「GNJ」予約受付開始!

T5Jazz Records Shopページにて、小沼ようすけ「GNJ」の予約受付を開始いたしました!今回もCD及びUSBの2種類のパッケージです。USBは24bit/96kHz FLACデータというハイレゾに、MP3データ及びデジタル・ブックレットを収録した次世代型パッケージ!更に今回はYouTubeにて公開中の<Jungle>のミュージック・ビデオも高解像度の1080pHD映像にて特別収録!今やCDドライブを搭載しないノートPCなどで聴かれる方にはまさにピッタリの商品です。
*USBは完全生産限定商品となります。


皆さまのご予約、お待ちしております!

FMヨコハマ「濱ジャズ」に小沼ようすけが出演!

小沼ようすけがゴンザレス鈴木さんのラジオ番組「濱ジャズ」にゲスト出演のため、みなとみらいはランドマークタワーにあるFMヨコハマさんにお邪魔してきました〜!


写真はたまたま居合わせたDJケイ・グラントさんと共に。いろんな話で盛り上がってしまいました〜!(笑)

OAは10月24日 26時30分(10月25日 深夜2時30分)です。手帳、カレンダーに、今のうちにメモメモ(Googleカレンダーお使いであれば、T5Jazz.comのイベント・ページから簡単にマイ・カレンダーにコピーできますよ!)。

非常に深い時間ですが、是非お聴きくださいね〜!

2014年9月14日日曜日

菅野浩/ラジオNIKKEI「テイスト・オブ・ジャズ」OA & ハイレゾ試聴イベント情報

ラジオNIKKEIの最長寿番組「テイスト・オブ・ジャズ」に菅野浩がゲスト出演、収録してまいりました。前回の中村善郎に引き続き、僭越ながら担当プロデューサーとして私も番組内に同席させていただきました....。

というわけで、OAスケジュールをお知らせいたします。

短波ラジオをお持ちの方は、ラジオNIKKEI第一で。
インターネットではradikoからどうぞ!(日本全国放送です)

本放送 9月20日(土) 18時~18時30分

再放送
 9月20日(土) 22時00分~
 9月21日(日) 23時30分~
 9月25日(木) 23時30分~
 9月28日(日) 23時00分~
10月 2日(木) 23時00分~
10月 5日(日) 22時30分~
10月 8日(水) 23時30分~
10月14日(火) 23時30分~
10月20日(月) 23時30分~


そしてイベントの告知も。2週間後の9月26日(金)、東京駅八重洲口から徒歩5分。GIBSON Brand Showroom TOKYOにて、「LANDMARK BLUE 〜ぼくたちのララバイ〜」ハイレゾ試聴イベントを開催します。菅野浩佐津間純によるミニ・ライヴもございます。参加は無料です。ハイレゾ気になっているけど聴いたこと無いと言う方、大勢いらっしゃると思います。是非この機会にハイレゾの素晴らしさをご体感ください。

詳しくはコチラ→http://www.e-onkyo.com/news/202/


2014年9月12日金曜日

小沼ようすけニュー・アルバム「GNJ」詳細情報公開&試聴開始!

お待たせしました、小沼ようすけニュー・アルバム「GNJ」詳細情報公開です。パッケージ・ページをアップするのと同時に、SoundCloudにて全曲試聴を開始しました!スマホでも聴けますよ!(無料のSoundCloudアプリをDLして聴くと便利です)

詳しくはコチラのページをご覧ください。


是非、この週末にたっぷりお聴きくださ〜い!

2014年9月8日月曜日

菅野浩「LANDMARK BLUE 〜ぼくたちのララバイ〜」レコ発ライヴ Photos !!

9月2日、気持ちのよい秋晴れの赤レンガ倉庫にあるモーション・ブルー・ヨコハマにて、菅野浩「LANDMARK BLUE 〜ぼくたちのララバイ」レコ発ライヴが開催されました。

ご来場いただいた皆さま、ありがとうございました。非常に素敵なライヴで、皆さまうっとりと聴かれていました。中にはその素敵なサウンドに感動して涙ぐまれる方も!コチラでは少しだけ当日の模様をスナップでご紹介させていただきます。カメラマンは山本佳代子さんです。

菅野浩

佐津間純

小林岳五郎

工藤精

藤井伸昭

高田みち子

ステージ全体の模様

当日はバンド全員で写真も撮影しました。また、このバンドの素敵なサウンドをどこかで聴きたいですね!


尚、10月10日に五反田にあるG-Call Clubサロンという会場で、菅野浩&小林岳五郎 feat. 高田みち子と言う、アコースティックなスペシャル・ライヴを開催します。なんとこの会場、ピアノは「ウィンナートーン」の代名詞、「至福のピアニッシモ」と言われるベーゼンドルファーを使用。この特別なライヴをお見逃し無く!



皆さまのお越しをお待ちしております。

2014年9月5日金曜日

ANA SKY CHANNELに菅野浩「LANDMARK BLUE 〜ぼくたちのララバイ〜」が登場!

お知らせが遅くなってしまいましたが、9月のANA機内エンターテイメントに菅野浩「LANDMARK BLUE 〜ぼくたちのララバイ〜」が登場です!
9月に全日空を使ってご旅行、出張などされる方、是非チェックしてみてくださいね〜!

http://www.anaspamphlet.jp/skychannel/sep14/music.html



2014年9月1日月曜日

小沼ようすけニュー・アルバム「GNJ」リリースのお知らせ

T5Jazz Records第6弾作品リリースのお知らせ。
小沼ようすけの4年ぶりのニュー・アルバム、T5Jazz Records移籍第一弾「GNJ」を10月22日発売いたします。



2001年、アルバム「nu jazz」にてソニーミュージックから鮮烈なデビューを果たしたギタリスト小沼よう すけ。その後、「Summer Madness」「Jazz ’n’ Pop」「The Three Primary Colors」「3, 2 & 1」 「Beautiful Day」「Jam Ka」と7枚のアルバムをリリース、ジャズだけにとどまらないジャンルを超えて 魅力を放つなギター・サウンドと、誰もが認める確かなテクニック、そして誰からも愛される人柄から日本ジャズ・シーンにおいて不動の人気No.1ギタリストの座を確立した。

そして4年ぶりのニュー・アルバム「GNJ」はT5Jazz Records移籍第一弾。タイトルはGreen Note Jazz の略。ジャズの音を表すBlue Noteに、小沼ようすけがここ数年意識しているオーガニックでナチュラルな音を掛け合わせた造語「Green Note」。そして、小沼ようすけの原点であるジャズをこれまで以上に意識しつつ、デビュー・アルバムである「nu jazz」から発展し、今年40歳を迎える小沼ようすけが新たに原点回帰的なスタートを切ろうというタイトルが「GNJ」(Green Note Jazz)なのです。

何を隠そう、小沼ようすけと元ソニー・ジャズである現在T5Jazz Recordsのプロデューサー清水とはデビュー当時から2006年リリースの「3, 2 & 1」までタッグを組んでいた旧知の組合せ。サウンドを支えるメンバーも鈴木正人、仙道さおりはアルバム「3, 2 & 1」などでお馴染み、坂田学はアルバム「Summer Madness」でレコーディングを共にする旧知のメンバー。ここに日野皓正グループを始めとし、多方面で活躍するベテランの金澤英明が加わり、これまで以上にグルーヴィーでメロディアスで、そしてジャズしている小沼ようすけサウンドに是非ご期待ください!

発売日:2014年10月22日
品 番:T5J-1006 (HQ-CD), T5J-5006 (USB 96kHz/24bit, 限定盤)
価 格:2,400円+税 (HQ-CD), 3,000+税 (USB)

Track List:
1 Jungle
2 June 7th
3 Bamboo / Tonlé Sap
4 Impressions
5 Super Moon
6 What A Wonderful World
7 Sketch Of 60s
8 I Think It’s Going To Rain Today
9 Explorer

Personnel:
小沼ようすけ - Guitar
金澤英明 - Bass, 鈴木正人 - Electric Bass, 坂田学 - Drums, 仙道さおり - Percussions

Recorded at LANDMARK STUDIO on June 18-19, 2014

Recorded & Mixed by Takaoki Saito

Assistant Engineer: Hisayuki Watanabe, Mai Kondo (LANDMARK STUDIO)
 Mastered by Koji “C” Suzuki at Sony Music Studios Tokyo

Executive Producer: Tadashi Shimizu