T5Jazz Records: 10月 2018

2018年10月24日水曜日

類家心平 / RS5pb live at OCT-LOFT Jazz Festival

大変お待たせしました。類家心平 / RS5pbの中国・深センで行われたOCT-LOFT Jazz Festivalのライヴ・レポートです。

中国・深センは香港から車で約1時間、ライヴ会場はOCT-LOFTと言う深センの中心部から少し西に外れたところにある、アートの街としてデザイナーを始めとする芸術系の人が多く集まった街にあります。古い建物をリノベーションしたオシャレな建築物が数多く立ち並んでいます。また書店には日本についての書籍も多くありました。

こちらが会場入口です。現地の若者が大変多く集まってくれて、オール・スタンディングの会場はほぼ満杯。数百人はいたでしょうか?

DSC_0071

DSC_0079


ステージが始まる前に楽屋でバンド・メンバー全員で気合を!!

DSC07038


超満員のお客さまで埋め尽くされた会場は熱気でいっぱい!演奏が始まると共にロック・バンドのコンサートのような絶叫が聞こえてきました!!自然とバンド・メンバーの演奏にも力が入ります。

DSC07136


いつもながら熱いブロウを聴かせる類家心平 (trumpet)。

DSC07466


これだけ見るとまるでロック・バンドのギタリストのような田中"tak"拓也 (guitar)。

DSC07534


いつも見た目クールながら、熱い演奏を聴かせる中嶋錠二 (piano, keyboards)。

DSC07105


センターバックでサウンドも見た目もバンドを支える鉄井孝司 (bass)。

DSC07505


バンド全体の写真ではとかく楽器やフロントマンの影に入ってしまって見えにくいので、ひとり大きくアップの写真にしました(笑)、吉岡大輔 (drums)。

DSC07292


とにかくステージは大変盛り上がりました。お金がなくて会場に入れないお客さまが会場の外で警備員に入場を阻まれ、、、なんて逸話もあったりしますが、それは是非RS5pbのライヴに来ていただいて、メンバーとお話してみてくださいね。

DSC07183


サイン会も長蛇の列。RS5pbのライヴ後だけでは時間が足りなくて、次のプログラムのジャム・セッションの後にも更にサイン会の続きをやるという大人気ぶり。ちなみに、当日準備したアナログ盤「UNDA」はライヴ開演前に完売という、RS5pbメンバーも驚きの即売状況!中国のシリコンバレーと呼ばれるハイテクな街だけにアナログへの憧れが強いのでしょうか?

DSC07800


そしてメイン会場から歩いて2〜3分のところにある本屋さんで更にジャム・セッション。ここだけでも数十〜100人近いのお客さまがいたんじゃないか?と言うくらい歩く隙間も無いほどギューギュー詰めのお客さまです。フェスに出演していた世界各地のミュージシャンに加え、現地のミュージシャンも参加してのジャム・セッションはまた別の楽しみですね。

DSC_0126


その他にも、Flickrには道中の写真や会場周辺の街の写真、リハの写真などもアップしていますので、お時間あれば是非こちらもご覧ください。

先日アップしたCNNの取材など、ここのところちょっと海外づいている類家心平 / RS5pbです。是非、皆さまの応援も引き続き宜しくお願いします。


2018年10月23日火曜日

類家心平 / RS5pbがCNNに登場!

類家心平 / RS5pbが9月5日に行った新宿ピットイン公演で取材の入ったCNNの番組「True Tokyo」がCNNでOAとなり、そのPart.1がネットでも公開となりました!


アニメやアイドルと言ったステレオタイプの日本像だけではなく、大人も楽しめる本当の日本を紹介する番組です。クローズドキャプション[CC]で英語字幕も入ります。是非ご覧ください!

※類家心平 / RS5pbが出てくるのは17分45秒あたりからとなります。