T5Jazz Records: 瀬川昌久さんの出版と表彰をお祝いする会

2016年1月23日土曜日

瀬川昌久さんの出版と表彰をお祝いする会

今日は、音楽評論家・瀬川昌久さんが著書『瀬川昌久自薦著作集1954〜2014ーチャーリー・パーカーとビッグバンドと私』を出版された記念と、永年にわたるジャズ音楽とミュージカル普及の功績による文化庁長官表彰のお祝いの会に行ってまいりました。

ジャズ業界の錚々たる方々に加え、かつてはスイングジャーナル誌にいらっしゃった湯川れい子さんもいらっしゃって祝辞を述べられ、それはそれは華やかな会でございました。出来れば瀬川先生と一緒に写真でも撮っておきたかったのですが、もう私なんか超下っ端と言うくらいの面々で溢れかえる会場でしたので、恐れ多くて挨拶させていただくだけで精一杯でした。。。

瀬川昌久さんは1924年生まれ、チャーリー・パーカーの生演奏を聴いた限りなく数少ない日本人のお一人で、91歳となる今もなお現役でご活躍されております。いつもバシッとスーツ姿で背筋もピンとしておられて、ジャズの功績だけでなく、人として本当に尊敬できるお方です。いつも新作のCDを聴いていただきたくてお送りすると、必ず丁寧にファックスにて(流石にEメールは使っていらっしゃらないので (^_^;))感想をお送りいただくのです。しかも、前衛的とも言える若いミュージシャンの演奏には、特に関心をいだいていらっしゃって、その貪欲とも言えるジャズに対する探究心には実に頭が下がります。

会場では新宿DUGの中平さんからギル・エヴァンスの写真も贈呈されつつ、ギル本人と瀬川さんの一緒に写っている写真もプロジェクターで披露され、会場の皆さんの感嘆を誘っておりました。まさにジャズの生き字引きのような方です。是非、今後も引き続き、いつまでも現役でご活躍されることを、心からお祈り申し上げます。

ジャズをお好きであれば、いえ、ポピュラー音楽をお好きであれば、是非一度この著書をチェックされてみてはいかがでしょうか?「悩み事などで眠れない夜など、この本を読んでいただければ、ぐっすりと眠れること、お約束いたします」などとコメントし、会場を笑いの渦に巻き込むなど、この歳にしてお茶目でユーモア溢れる瀬川昌久さん。本当におめでとうございます!


0 件のコメント:

コメントを投稿