T5Jazz Records: CDの次に来るもの

2015年2月17日火曜日

CDの次に来るもの

CDの次に来るものを考えなさい。

ソニーミュージック(SME)の役職者以上を集めた毎年行われる「グループ・ミーティング」と言う会議の場でSME名誉会長であり、コンパクト・ディスク(CD)の生みの親でもある大賀典雄さんは、常にこの言葉を発していました。

同年10月1日、ソニーは先陣を切って第1号機「CDP-101」を発売した。エジソンのホノグラフ発明から100年余、レコード技術は、大体四半世紀(25年)ごとに、大きな技術革新を迎えてきた。円筒方式から円盤レコードへ、電気式レコードの登場そしてLPレコードへ、モノホニックからステレオへ。そして100年目にデジタルオーディオ技術が花開いた。
*「Sony History」より引用 http://www.sony.co.jp/SonyInfo/CorporateInfo/History/SonyHistory/2-09.html

ぼくがこの大賀さんの言葉を最初に聞いたのは2006年。CDの生まれた1982年からは既に24年が経過していました。

この頃、音楽配信サービスも始まっていました。でも大賀さんは、音楽配信がCDの次に来るものとは考えていなかったようです。

「今さら何を言ってるんだよ!?」と言う声も聞こえてくるかもしれません。音楽配信なんて古いよ、Spotifyみたいな聴き放題(サブスクリプション)サービスだろ!と言う人もいるかもしれません。でもこういったノン・パッケージの音楽サービスに決定的に欠けているものがあります。アーティストのライヴでサインできないのです。そして、ライヴやコンサートなどの生演奏は、アーティストにとって基本的活動であり、まさに命。これは実に致命的です。


SIMPLE IS BEST(*和製英語かもしれませんが)

同じソフトでも、音楽と映画ではその楽しみ方は大きく異なります。それは何か。繰り返し楽しむかどうかです。映画も良いものは繰り返し観ることもあるかもしれませんが、大好きな音楽は何十回、何百回と繰り返し楽しむものです。そして、繰り返し楽しむためには、シンプルさがマストなのです。


レコードやCDよりも良い音で、これまでと変わらずシンプルな方法で、且つ今の時代に合った楽しみ方の出来るメディア。音楽業界の復活には、これがマストではないかと思う次第です。

3 件のコメント:

  1. 激しく同意です。
    私も同じ場に居り、大賀さんの「フォーマットを作りなさい」と言う言葉が強く印象に残り、奇しくもCDと同じ座組のソニーとフィリップスが作ったNFCやICカードが次の権利流通媒体になりえると考えました。
    現在、配信サービスと組み合わせて実用化されはじめていますね。

    返信削除
  2. somafireさん、ありがとうございます。アーティストがサインできるような適度な大きさをもったメディアだといいですね。

    返信削除
  3. カードだけだと小さいので、シングルCDみたいにケースで工夫ですね

    返信削除