T5Jazz Records: 小沼ようすけニュー・アルバム「GNJ」リリースのお知らせ

2014年9月1日月曜日

小沼ようすけニュー・アルバム「GNJ」リリースのお知らせ

T5Jazz Records第6弾作品リリースのお知らせ。
小沼ようすけの4年ぶりのニュー・アルバム、T5Jazz Records移籍第一弾「GNJ」を10月22日発売いたします。



2001年、アルバム「nu jazz」にてソニーミュージックから鮮烈なデビューを果たしたギタリスト小沼よう すけ。その後、「Summer Madness」「Jazz ’n’ Pop」「The Three Primary Colors」「3, 2 & 1」 「Beautiful Day」「Jam Ka」と7枚のアルバムをリリース、ジャズだけにとどまらないジャンルを超えて 魅力を放つなギター・サウンドと、誰もが認める確かなテクニック、そして誰からも愛される人柄から日本ジャズ・シーンにおいて不動の人気No.1ギタリストの座を確立した。

そして4年ぶりのニュー・アルバム「GNJ」はT5Jazz Records移籍第一弾。タイトルはGreen Note Jazz の略。ジャズの音を表すBlue Noteに、小沼ようすけがここ数年意識しているオーガニックでナチュラルな音を掛け合わせた造語「Green Note」。そして、小沼ようすけの原点であるジャズをこれまで以上に意識しつつ、デビュー・アルバムである「nu jazz」から発展し、今年40歳を迎える小沼ようすけが新たに原点回帰的なスタートを切ろうというタイトルが「GNJ」(Green Note Jazz)なのです。

何を隠そう、小沼ようすけと元ソニー・ジャズである現在T5Jazz Recordsのプロデューサー清水とはデビュー当時から2006年リリースの「3, 2 & 1」までタッグを組んでいた旧知の組合せ。サウンドを支えるメンバーも鈴木正人、仙道さおりはアルバム「3, 2 & 1」などでお馴染み、坂田学はアルバム「Summer Madness」でレコーディングを共にする旧知のメンバー。ここに日野皓正グループを始めとし、多方面で活躍するベテランの金澤英明が加わり、これまで以上にグルーヴィーでメロディアスで、そしてジャズしている小沼ようすけサウンドに是非ご期待ください!

発売日:2014年10月22日
品 番:T5J-1006 (HQ-CD), T5J-5006 (USB 96kHz/24bit, 限定盤)
価 格:2,400円+税 (HQ-CD), 3,000+税 (USB)

Track List:
1 Jungle
2 June 7th
3 Bamboo / Tonlé Sap
4 Impressions
5 Super Moon
6 What A Wonderful World
7 Sketch Of 60s
8 I Think It’s Going To Rain Today
9 Explorer

Personnel:
小沼ようすけ - Guitar
金澤英明 - Bass, 鈴木正人 - Electric Bass, 坂田学 - Drums, 仙道さおり - Percussions

Recorded at LANDMARK STUDIO on June 18-19, 2014

Recorded & Mixed by Takaoki Saito

Assistant Engineer: Hisayuki Watanabe, Mai Kondo (LANDMARK STUDIO)
 Mastered by Koji “C” Suzuki at Sony Music Studios Tokyo

Executive Producer: Tadashi Shimizu

0 件のコメント:

コメントを投稿